デジタルミラー導入でSNS拡散・利用者拡大を狙う  SUQQU 

エキップ(東京・品川)の化粧品ブランド「SUQQU(スック)」は、2018年秋よりデジタルミラーを導入し、SUQQUが提案する「顔筋マッサージ」のレッスン録画・ムービー配信サービスを開始する。

デジタルミラー「MemoMi」は、上部に設置された高機能カメラで動画撮影ができる。SUQQU店頭で受けられる顔筋マッサージレッスンの様子を「MemoMi」で録画し、録画した動画を客のスマホに転送する。これにより、客は顔筋マッサージのレッスン動画を自宅で確認・復習することができ、顔筋マッサージを習慣化しやすくなる。客は受け取った動画を保存し、SNSで拡散することも可能。

出典:エキップ

同ブランドは、デジタル技術をフックにすることで、独自展開している顔筋マッサージの実践者を増やすとともに、録画された動画のSNS拡散により、専用クリーム「SUQQU マスキュレイト マッサージ&マスク クリーム」の利用者拡大を図る。

【編集部おすすめ記事】
デジタル化で課題解決 パナソニック開発「メイクアップデザインツール」
化粧品、ネット販売と対面販売 女性はどちらを好む?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース