吉野家、全国初の介護食を店頭で提供開始

吉野家は、北大阪健康医療都市(愛称:健都)の商業施設「ビエラ岸辺健都」に、先月店舗をオープンした。同店では吉野家初となる機能性表示食品のテイクアウトを提供する他、業務用として展開してきた介護食「吉野家のやさしいごはん」シリーズを店内で提供する。「吉野家のやさしいごはん」は、弱い力で噛むことができる”やわらかタイプ”と舌でつぶせる”きざみタイプ”の2種類があり、食塩相当量は0.9gと塩分摂取の面でも安心。

吉野家のやさしいごはん

出典:吉野家

【編集部おすすめ記事】
テーマは「健康」、健康医療都市で商業施設オープン JR西日本
視点を変えて訴求 介護食市場累計販売金額1位、明治の人気栄養食
利用者一日250人 評判高い大型介護施設「たんぽぽ温泉デイサービス」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ