今の女性消費者が憧れる “女性像” とは?

多様化する今の女性たち。例えば20代女性を例に考えてみよう。同じ20代でも「都会的なライフスタイルを好みインスタグラムを積極的に使いこなす女性」もいれば、「デジタルとは距離を置き、田舎暮らし・地域密着の暮らしを好み、農業・林業・水産業などの第一次産業に従事する女性」もいれば、「“マイルドヤンキー”な女性」もいるし「フリーター、ギグワーカーとして実家住まいを続ける女性」もいる。

ウーマンズの女性マーケティングメルマガ

30代以上の中高年齢層のクラスターはさらに細分化されていく。年齢を重ねるにつれ人生の選択が複雑に枝分かれしていくからだ。加えて近年は働き方・生き方の選択肢が多様化したことで、価値観もニーズも画一的ではなくなった。こんな時代に生きる女性たちが憧れたりロールモデルとするのは、一体どのような女性なのだろうか?近年の傾向を見ていると、どうやら女性たちの生き方が多様化したことで、女性たちが憧れる女性像も多様化しているようだ。

10月11日(木)配信のメルマガでは、「今の女性消費者が憧れる”女性像”」を紐解いてみる。プロモーション戦略、ターゲット・ペルソナ開発のヒントに!ご登録がまだの方はこちらから!(月2回配信です)

 

一緒に読まれている記事