人気上昇中の新スキンケア法、トレンドから定番へ

ダブル洗顔不要説が広まった時代もあったが、今は「ダブル洗顔」を取り入れ、さらに「洗顔ブラシ」を使ってスキンケアをする女性が増えている。洗顔ブラシは2013年春頃から注目されるようになり、昨年はその人気に広がりを見せ、多くの女性が注目するスキンケア法の一つとなった。

洗顔ブラシを使うことで「肌の黒ずみが取れた」「毛穴が引き締まった」「毛穴がツルツルになった」という声が多く、洗顔ブラシはスキンケアのライン(クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム)の中に新たに仲間入りを果たしそうだ。

洗顔ブラシは電動タイプと電動ではないタイプがあり、電気店やドラッグストアで種類多く販売されている。超極細毛タイプのブラシは、その肌触りの良さから特に人気が高い。

高価格帯にも関わらず一定の人気がある熊野筆の洗顔ブラシ¥7,020(税込み)から、100円ショップの洗顔ブラシまで、価格帯は様々。

ネット上での、洗顔スキンケアの商品評価は高く、各社から様々なタイプが登場している。

【編集部おすすめ記事】
【動画】洗顔からマインドフルネスを提案する新しい訴求
100円で満足する女性が増加中 「100円で十分!」と思われている商品例
女性がリピート購入する4つの化粧水に共通すること
消費者離れを起こす原因かも?年代別に変化させたい美容戦略
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10

女性生活者の調査レポート