美容サロンの市場規模、2.6兆円へ拡大 注目は中年女性の美容ニーズ

ホットペッパービューティーアカデミー(リクルート)は先月末、男女の美容サロンの利用動向や市場規模をまとめた「美容センサス2024年上期」を発表した。2024年の美容サロン市場(※)は前年比5.3%増で、2.6兆円。内訳は以下で、「リラクゼーションサロン」「エステサロン」「ネイルサロン」「アイビューティーサロン」が大きく伸長した。※同社が保有するデータ(1年以内のサロン利用率×1回あたり利用金額平均×年間利用回数平均×人口)から算出

  • ヘア…1兆3,543億円(前年比0.1%)
  • エステサロン…3,948億円(16.7%)
  • リラクゼーションサロン…3,674億円(9.6%)
  • 理容室…2,762億円(0.2%)
  • ネイルサロン…1,390億円(16.3%)
  • アイビューティサロン…1,179億円(28.9%)

注目は40代・50代の中年女性層による利用で、この世代の利用金額の増加が顕著だという。人口ボリュームの点からも注目のマーケットで、学生の頃から美容感度の高い環境で育ってきたことも背景に、今後さらなるニーズの高まりが期待されるとみている。

 

フェムテックレポート ビジネスモデル、需要性、課題

 

 

【編集部おすすめ記事】
訪問理美容サービスの利用で、要介護者・要支援者の介護状態が改善
女性の消費基準は「バリュパ」へ、求めるのは“本質的なタイパ”
美容医療の市場規模5,940億円へ拡大、5つの市場トレンド
【2024年度版】女性ヘルスケア白書 市場動向予測 〜業界の最新動向と女性ニーズ〜
【レポート】売れるフェムテックの「開発」と「販売戦略」 17の障壁と対策

PAGE TOP
×