全身麻酔の替わりにVR 療養中児童の苦痛軽減へ

レノボはスターライト・チルドレン財団と協力して、療養中児童の苦痛軽減を実現するVRを開発した。全身麻酔下で施される治療において、全身麻酔を使わずにVRを使用することで、患者は痛みに耐えることができるようになるという。全身麻酔が必要だった子どもたちは最小限の投薬で意識のあるまま治療を受けられる。VRによって患児は不安な気持ちが和らぎ、意識がある状態でも痛みを伴う治療を受けることができ、回復までの時間短縮と減薬が可能になった。VRを使った治療の様子は以下の動画で紹介されている。

このVRテクノロジーを組み込んだヘッドセットが利用できるのは、コロラド小児病院をはじめ米国内に数百あるスターライト・チルドレン財団提携医療施設。

 

【編集部おすすめ記事】
VRは脳をどう変えるか?
VRで客呼び込む 明治のチョコレート体験型施設
認知症介護の不安払拭に VR疑似体験
VRゲームで「肌タイプ見極め」体験 増えるデジタル×コスメ 
最新フィットネス 20~30代女性が取り組んでみたいものTOP6
介護予防にカラフィット シニアフィットネス施設などで広がる

新着ニュース