心筋・脳梗塞発症率の予測プログラムを開発。サイトも公開

健診データと生活習慣を基に、今後10年で心筋梗塞と脳梗塞を発症する確率を予測するプログラムを、国立がん研究センターと藤田保健衛生大学(愛知・豊明市)が開発した。

発症確率予測に必要な項目は以下8つであることを突き止めた。

  • 性別
  • 年齢
  • 喫煙の有無
  • 降圧薬服用の有無
  • 最大血圧
  • 糖尿病の有無
  • HDL(善玉)コレステロール
  • HDL以外のコレステロール

数値の入力で、発症確率を表示するサイトも公開している。現在40~69歳である人が対象。試してみたい方はコチラ

関連記事
■メットライフ、産学連携で疾病予防プログラム開発
■高齢者向け自己健康管理ITプログラム、終末期医療に
■婦人科医監修、女性ウケ抜群の女性専門フィットネス

一緒に読まれている記事