個人の診療情報を連携するID制度、2018年度から運用開始

2018年度をめどに、医療・介護間の個人医療情報を連携するID制度が運用開始される。医療ID導入により効率化を図り、医療費抑制に役立たせるほか、救急時のアレルギーや疾患情報の共有、介護度を上げないサービスの提供、慢性疾患の重篤化予防なども目的とする。

画像引用元:三菱総合研究所

画像引用元:三菱総合研究所

[ヘルスケア]医療の未来をつくる新しい番号制度

医療IDによる個人の各データは、国・地域における医療政策の立案や、医療機関・製薬会社における研究・創薬・治験、介護施設や医療・介護機器メーカー・物流・食品など幅広い利用と、業際連携による新市場創出も加速させるだろう。

医療IDは、手探りの状態から始める。まずは、地域包括ケアシステムの効果、関連企業の新商品・サービス、住民が享受す る便益などについて、各関係者がおのおのの立場で積極的に情報発信することが重要である…続きは三菱総合研究所

関連記事
■タイ、医療ツーリズムで観光客を呼び込む
■超高齢社会での医療課題。日本は13か国中最下位
■西洋と東洋の融合こそ、現代医療の最前線か?

一緒に読まれている記事