優秀賞はネスレ 11月は女性の働き方の多様化を推進するテレワーク月間

(特に結婚・出産後の)女性の働き手を確保するため、社員のワーク・ライフ・バランスのため、生産性の向上のため、働き方の多様化に対応するため、コスト削減のため。近年、企業のテレワーク導入が活発に進んでいる。11月は、テレワーク月間だ。

テレワーク月間

テレワークとは、ICT(ネット、電話、FAXなどの情報通信技術)を活用して場所や時間にとらわれずに働く形態を指し、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務などがそれに当たる。テレワークは国も推進しており、今月は、厚生労働省が、テレワーク推進企業優秀賞としてネスレ日本株式会社(兵庫・神戸市)や他企業の表彰式を実施する。

これまでは主に大企業での導入が進んできたが、今後は中小企業の間でも広がっていきそうだ。

関連記事
■経済界が今注目するギグ・エコノミーとは?米国では訴訟も
■【経済産業省】IT人材が大幅不足。女性の活躍に期待

一緒に読まれている記事