「良いと分かってても面倒…」を払拭して行動させる事例

ニュージーランドのビールメーカーDB Exportは、海岸浸食の問題を抱えるビーチを守るため、ビール瓶を砂に変えるという画期的なアイディアで飲み終わったビール瓶のリサイクルを推進している。

飲み終わった空き瓶を「BEER BOTTLE SAND」という機械に入れると、即座に瓶は細かく粉砕され、人口砂に変わる。面白いのは、空き瓶を機械に入れると目の前で粉砕される様子を見ることができる点だ。

環境先進国のドイツではデポジット制によるリサイクルが定着している。飲み終えた瓶やペットボトルなどをスーパーなどに設置されている回収専用マシンに入れると、デポジットの金額が記載されたレシートが出てくる。これを買い物の時にレジに持っていくと、その分が割引されるというシステムだ。瓶やペットボトルの量が多ければ多いほどデポジットの料金も上がるので、回収率はやはり高い。マシンの前には常に人が並び、行列ができる場所も。

「良いと分かってても面倒…」なことでも、上記2例のように可視化する・その場で報酬を与えることで、生活者の行動を促すことができる。ご紹介した事例はリサイクルに関することだが、ヘルスケアでも応用できるアイディアだろう。

 

【編集部おすすめ記事】
健康行動継続2つのコツ 女性に人気のダイエットアプリの事例
20~80代 健診・人間ドッグを受けない年代別の理由と行動変容ポイント
行動変容はゲーミフィケーション?健康無関心層の平均歩数が1.5倍
健康問題を自分ゴト化させて、生活者の健康行動を促す2つの施策
【動画】続かない運動…行動変容を促すのはVRフィットネス?

女性生活者の調査レポート