行動変容はゲーミフィケーション?健康無関心層の平均歩数が1.5倍

生活者の行動変容を促し健康行動を継続させることは、ヘルスケア業界の大きな課題の一つだ。ICTを活用した健康増進支援サービス「KenCoM」を提供するDeSCヘルスケア(東京・渋谷区)が2017年4月27日~5月31日に開催した、ウォーキング活動促進の「みんなで歩活」イベントでは、健康無関心層の行動変容を促した事例として参考になりそうだ。

同社は、2016年11月にも同様のイベントを開催しており、健康無関心層の平均歩数は、その後の5カ月間にわたり約1.5倍を維持していることが分かったという。

みんなで歩活イベントの概要は次の通り。同社はゲーミフィケーション要素を盛り込むことを得意としており、それらが、健康無関心層の行動変容に貢献しているのかもしれない。

  • 招待機能
    好きなメンバーを招待し、チームを組める
  • チーム制
    チームの平均歩数を競う仕組み
  • コミュニケーション機能
    メンバー間のコミュニケーションにより、脱落者を防げる
  • ランキング更新
    最新ランキングが毎日更新され、ライバルの状況を意識しながら参加できる
  • 参加方法
    KenCoMを採用する健康保険組合の加入者なら誰でも参加可

【編集部おすすめ記事】
20~80代 健診・人間ドッグを受けない年代別の理由と行動変容ポイント
【動画】続かない運動…行動変容を促すのはVRフィットネス?
【閲覧注意】これぞ行動変容を促進する 啓発系CM~禁煙編~
「続かない」を「続けたい」へ導く、あるフィットネスジムの新発想
健康問題を自分ゴト化させて、生活者の健康行動を促す2つの施策
行動変容を促し高い満足度を提供する仕掛けが参考になる!話題の施設

一緒に読まれている記事