90歳でも入れる 超高齢者向け医療保険各社から登場 長生き女性のニーズ掴む

人生100年時代の到来で、保険業界では90歳でも入れる医療保険など超高齢者向け商品が続々登場している。長生きすることはリスクでもある今の時代、何歳まで生きるか分からない不安を払拭できるとして、すでに人気商品となっている。

明治安田生命は2017年12月に、「50歳からの終身医療保険」を発売した。申し込みができるのは50歳からで、加入年齢上限は90歳。他、加入年齢上限85歳の終身医療保険を提供するのはアフラックやメディケア生命。これまで保険会社は現役世代をターゲットにしてきたが、高齢化が急速に進む国内市場に対応するため、各社は超高齢者向け商品に力を入れている。

<合わせて読みたい記事>
「100歳高齢者表彰の対象者」今年は何名?
健康寿命とは?長生きしたくない人たちの理由と、課題解決に向けた国や企業の取り組み

百歳以上の高齢者の数は、老人福祉法が制定された昭和38年には全国で153人だったが、昭和56年に1,000人を超え、平成10年に1万人を超えた。平成24年に5万人を超え、2017年は67,824人(前年比+2,132人)。今後この数は更に増えていくのは間違いない。百歳以上の高齢者のうち女性は59,627人となっており、超高齢者向け商品は特に、男性よりも長生きする女性のニーズが高い。保険商品に限らず、今後は様々な業界から90歳、100歳をターゲットとした商品やサービスが登場するだろう。

【編集部おすすめ記事】
【最新】47都道府県の平均寿命ランキング
【最新】47都道府県の健康寿命ランキング
シニアのリタイア後の心理やニーズとは?おすすめ書籍
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート