こころの健康をコンセプトにした新業態カフェ登場 タニタ

タニタ(東京・板橋区)は、健康的な食を提供する「タニタ食堂」に続き、新業態となる「タニタカフェ」の本格展開に向け、旗艦店「タニタカフェ有楽町店」を2018年5月下旬にJR有楽町駅構内にオープンする。コンセプトは「こころの健康づくり」で、メインターゲットは20~30代女性。

出典:タニタ

メニューの提供に関しては、楽天(東京・世田谷)と食分野で提携。同社が展開する農業事業「Rakuten Ragri」に参画する生産者から直送された旬の有機野菜を使ったサラダやフォー、スムージーなど、ヘルシーとトレンドを兼ね備えたオリジナルメニューを提供する。

店内は木目調などナチュラルなデザインを採用し、落ち着いた照明やヒーリング効果のある音楽、アロマなどによって、交感神経に働きかけてリラックスを促す。タニタカフェをタニタ食堂と並ぶ食事業の柱に据え、2022年度までに合計100店舗を展開する計画。

【編集部おすすめ記事】
「丸の内タニタ食堂」リニューアルで健康色を強化
【無料版リリース】20~70代各世代の女性は、なぜその健康食品を購入した?レポート
機能性表示食品の市場規模から考える2018年の戦略と注目カテゴリー
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事