トレンド化した「昭和」をマーケティングに活用する事例 花王

今や「レトロ」「かわいい」「おしゃれ」を象徴するアイコンにもなった昭和の時代。今の若者は、昭和を「古い・ダサい」と捉えないし、昭和を歩んできた人たちは「懐かしい」「心がホッコリする」と懐かしむ。そんな密かな昭和ブームをマーケティングに活用する事例はこれから増えていくのでは?

<合わせて読みたい記事>
心掴む「#昭和レトロ」購買促進のきっかけに

その一つとして紹介したいのは、花王が先日公開した、ビオレuハンドソープの新TV-CM「弱酸性のあいつ」篇。

出典:花王

新CMでは、リニューアルしたボトルパッケージに入っている3色のビオレママ“あけみさん”が、新CMソング「弱酸性のあいつ」を歌って踊る。全体を通してほんのり昭和を感じさせるテイストに仕上げたという。また、新CMに先駆けてウェブサイトで公開したご当地アイドル8組(※)によるミュージックビデオ8作品にも、昭和の雰囲気がしっかり漂っている。(※)北海道、東北、北陸、関東、中部、関西、中国・四国、九州・沖縄


【編集部おすすめ記事】

心掴む「#昭和レトロ」購買促進のきっかけに
昭和って懐かしくてかわいい!レトロな見た目が人気「シフォネット」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート