「秋田美人」とポーラの取り組み

化粧品メーカーのポーラ(東京・品川)との取り組みにより、「秋田美人」として知られる秋田県のブランド力が高まりそうだ。同社は、秋田県仙北市と「健康・美のためのヘルスケア連携協定」を先月末に締結した。市民向けに健康や美に関する講座を開いたり、市内の温泉などで肌のチェックやミニエステを実施する。締結事項は次の4項目。

  1. 「健康・美」No1の具現化
    (例:美人肌全国No.1に向けた温泉などでの肌チェックとミニエステ)
  2. 地域事業との連携による「健康・美」のケア
    (例:冬季スポーツ後の美肌チェック、美肌レッスン)
  3. 健康ヘルスケア産業創出
  4. 女性活躍・男女共同参画
    (例:ポーラ社関連起業者の創業支援)

 

ポーラは創業当初より「美」を通したサービス、地域の女性就労機会、社会進出を支援することで地域経済を活性化させ、さまざまなイベントやコミュニティを実現する活動を全国で展開している。今回は「美」に通じる「健康」にも重点を置き、女性が自信をもって社会に羽ばたき、いきいきと活躍できる地域社会を仙北市民と作っていきたい考え。

【編集部おすすめ記事】
世界がんデー 資生堂の取り組み
高まる食品ロス問題意識 参考にしたい企業の取り組み事例
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事