FUN+WALK月間、官民連携で「歩く」楽しみを提供 取組み事例

スポーツ人口の拡大を目指して通勤や日常生活の中で「歩く」機会を増やすことを推進するFUN+WALK PROJECT(スポーツ庁)は、プロジェクトの普及強化を目的に10月を「FUN+WALK月間」と位置づけ、官民連携でさまざまな取り組みを行った。

「FUN+WALK月間」実施中の10月は、新宿タカシマヤ、銀座三越、大丸・松坂屋などの百貨店が歩きやすいファッションを提案し、客に健康増進を促進。アシックス、ルネサンス、串カツ田中、カラオケのビッグエコーなどビジネスパーソンのアフター5需要を掘り起こしたい企業は、割引クーポンをFUN+WALKアプリ内で提供した。

プレミアムフライデーにあたる26日(金)は「プレミアムFUN+WALKフライデー」とし、当日に8,000歩歩いた人を対象に特別ギフトを提供するなど、各企業が消費喚起と健康増進を促進した。各事例は「FUN+WALK月間(FUN+WALK PROJECT普及実行委員会)」からチェック。

【編集部おすすめ記事】
新たなスニーカーニーズ生まれる兆し スポーツ庁プロジェクト来春本格スタート
【スポーツ庁】2025年までにスポーツ産業15兆円へ、一番の商機は?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ