女性市場トレンドと消費傾向

高齢者向けテクノロジー市場規模 2030年に18兆円

超高齢社会における様々な課題解決が求められる中、目覚ましい発展を見せているテクノロジーの貢献が期待されているが、その中でも特に注目されているのが、IoTによる「住・介護」「食」「医療・健康」「外出」領域への貢献だ。EY総合研究所によると、高齢者向けのテクノロジー市場のうちこの4領域における市場規模は2030年には18兆円になるという。

本レポートでは、超高齢・人口減少社会におけるIoTの可能性と活用例を紹介している。⇒レポート「超高齢・人口減少社会におけるIoTの役割」(EY総合研究所 未来社会・産業研究部 主任研究員 吉識吉佳)

 

おすすめ記事
IoTヘルスケア市場 圧倒的急成長 2022年までに30倍
健康無関心層を動かす鍵に…各自治体のIoT×健康対策事例
ヘアブラシもIoT ロレアルパリの「髪質スコア化」
IoTによる「飲み忘れ防止」大塚製薬×NEC、脳梗塞の再発防止に
IoT×都市型遠隔診療は過疎地域だけでなく、ビジネスパーソンも救う
【動画】まるで映画の世界!AIはヘルスケア・消費・シニアの生活をどう変える?

女性生活者の調査レポート