シニアマーケティングのコツ 女性向けの事例と戦略設計のヒント(1/5)

高齢化が進みシニアマーケティングの重要性が急速に高まっているが、若者マーケティングのように成功事例が豊富に公開されていないことや、シニアの実態を理解する情報が少ないないことから、シニアマーケティングを難しいと捉える企業は多い。意外に多くの企業から聞こえてくるのが「シニア市場に参入した方が良いのは分かっているが、今まで若い世代(20~40代)中心の市場で展開してきているから、参入に対する不安が大きい」という声。2025年には人口の3割が高齢者となり、今後国内消費の主力となっていく。本稿では、シニア市場を理解する基本情報と、シニアマーケティングのコツ・事例を解説。

シニアマーケティングの市場を理解する

シニアって何歳以上の人?

シニアの定義は業界や個々で認識が異なり、以前は50歳以上をシニアと呼ぶケースも見られたが、近年はWHOが定義する65歳以上をシニアと捉える流れが強い。なお、人口統計における区分では次のように定義されている。世間一般的なイメージとしては、60~70代がシニア、80~100代が高齢者。ここから先に紹介する各省庁や企業の統計・調査では、「シニア」「高齢者」を定義する年齢がそれぞれで異なるため、わかりやすく解説することを目的に本稿では60代以上を「シニア」として話を進める。

  • 6〜14歳…児童
  • 15〜34歳…青年
  • 35〜64歳…壮年
  • 65〜74歳…前期高齢者
  • 75歳以上…後期高齢者

シニアの人口(2018年9月時点)

  • 65歳以上の人口は3557万人(総人口に占める割合は28.1%で過去最高)
  • 65歳以上の男性は1545万人
  • 65歳以上の女性は2012万人で、初めて2000万人を突破
  • 2040年には、65歳以上の人口は推計3921万人(総人口に占める割合は35.3%)
    参考:総務省統計局

シニア向け産業の市場規模

みずほコーポレート銀行産業調査部は、65歳以上のシニア向けの市場規模(「医療・医薬、介護、生活産業」)について次のように分析している。シニア向け市場の対象範囲は図の通り。

  • 2025年に101.3兆円規模に成長見込み(2007年対比161%)
  • 医療、医薬、介護産業は50.2兆円規模に(2007年度:22.6兆円)
  • 生活産業は51.1兆円規模に(2007年度:40.3兆円)

シニアの消費推移

人口動態の変化に伴いシニアの消費支出全体が増加するため、今後シニア向け商品・サービスの急速な需要拡大が見込まれるのは必至。「家計消費全体に占めるシニアの消費割合予測」を見ると、1990年は24.6%(33兆円)だったのが、2030年には47.0%(77兆円)まで拡大するとの予測がある。今後は、シニアが国内消費のメインプレーヤーになっていくと考えられる。

新着ニュース