がん探知犬検査開始 人の尿からほぼ100% 「がん発見」 

山形県金山町は、人の尿でがんを発見する「がん探知犬」によるがん検診を5月より試験的に導入する。今、多くのTVニュースやwebメディアで取り上げられている。

金山町含む最上地域は、女性の胃がん死亡率が全国ワースト。がん罹患率の低下に向けた改善策としてがん探知犬を活用するのは、全国初の取り組みだという。探知犬によるがんの判別率はほぼ100%。検尿のみで検査できる点も受診者の負担を減らすメリットとして大きい。平成31年度までの3年にわたり、日本医科大学千葉北総病院との研究事業として、町民1,000人を対象に取り組む。

【編集部おすすめ記事】
がん統計 罹患数・死亡数、男女で年間21万人の差はなぜ?
2017年平均寿命発表 男女ともに過去最高
社会に影響を与えた「世界の女性100人」に日本女性選出 がん患者に勇気
2016年のがん患者、初の100万人超と予測。死亡数トップは…
健康問題を自分ゴト化させて、生活者の健康行動を促す2つの施策
またもダイソー!100円なのに優秀すぎる!と人気の商品

女性生活者の調査レポート