LG21さらに人気の予感 明治、機能性ディスペプシア症状の軽減効果を確認

明治は、乳酸菌OLL2716株入りヨーグルトの継続摂取が機能性ディスペプシア症状の軽減に有効であること、その中でも特に「食後のもたれ感」、「早期満腹感のような食後愁訴症候群」に有効であることを確認した。

機能性ディスペプシアとは、2013年5月に新たに国民健康保険の診療病名として収載された胃の疾患。胃の痛みや胃のもたれなど、胃のつらい症状が慢性的に続いているのにも関わらず、内視鏡検査などをしても、胃炎・胃潰瘍など症状の原因が見つからないのが特徴で、日本では、健康診断受診者の11~17%、胃の症状があり医療機関を受診した人の45~53%にFDの人がいると考えられている。ストレスとの関連でも注目されており、2013年以降、メディアが頻繁に取り上げるようになったことで注目度が上がっている。主な症状は、次の4つ。

  • 食後のもたれ感
  • 早期満腹感(食べ始めてすぐに満腹)
  • 心窩部痛(みぞおちの痛み)
  • 心窩部灼熱感(みぞおちが焼けるような感じ)

乳酸菌OLL2716株入りヨーグルトは、これまでの研究からピロリ菌の働きを抑制する作用をもつことが確認されており、ピロリ菌の除菌治療の開始前3週間から摂取することで、除菌の成功率が高まることが報告されていた。明治は今回の試験で機能性ディスペプシアに対しての乳酸菌OLL2716株の働きを調べ、症状の軽減に有効であることを確認した。乳酸菌OLL2716株を含む商品は、明治のLG21

この研究結果は、2017年7月29日にスイスの医学専門誌「Digestion」にオンライン公表され、9月誌面掲載された(Digestion 2017;96:92-102 https://doi.org/10.1159/000479000

【編集部おすすめ記事】

自宅で作って食べる女性増加 人気のヨーグルトメーカー
寝る前+歯磨き後のお口の健康新習慣「なめるヨーグルト」
機能性食品素材市場、2017年どうなる?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事