コブミカン、パクチーに続く大ブーム巻き起すか?

パクチーの大ヒットに続き次のヒット候補として注目されてきているのがコブミカンの葉っぱ。東南アジア原産の柑橘類で、グリーンカレーやトムヤムクンなどの東南アジア料理にハーブとして使われている。爽やかな香りが特徴。


コブミカン (バイマックル)

料理投稿サイトのクックパッドには「こぶみかんの葉」のレシピは126品(2018年1月8日現在)、Instagramには「#こぶみかん」の投稿は362(2018年1月8日現在)と今はまだ少ない。現時点ではスーパーでコブミカンの葉を扱っているところが少なく入手しづらい食材だ。

キューピーは、気軽にコブミカンの葉を味わえるようにと2017年6月に「かんきつハーブ コブミカンの葉&レモングラス」ソースを発売。ネット上には、「リピート決定!」「癖になる!」「あっという間にエスニック料理になる」と高い評価が目立つ。同商品を取り上げている日経トレンディ1月号p.52(日経BP社)によると、キューピーは18年春から本格展開を予定しているとのこと。パクチーなどのエスニックフードを始めとしたレシピ関連の著書を複数持つ、パクチー料理研究家エダジュンさんのブログでは、同商品を「パクチー+餃子」とからめて食べる方法を紹介している。

【編集部おすすめ記事】
2018年の食トレンド予測 & 2017年の食トレンド振り返り クックパッド
2017年の3大グルメキーワードに「健康志向」 ホットペッパー
新語続々!押さえておくべき日本の新スーパーフード 2018年上半期トレンド予測
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事