減塩 第3の方法登場「ソルトチップ」が画期的

高まる減塩ニーズに答えようと減塩を謳う商品が各社から次々に投入される中、昨年新しい減塩方法が登場し注目されているのが、慶應義塾大学医学部発のビジネスコンテスト「健康医療ベンチャー大賞(2017年)」の社会人部門で優勝を果たしたベンチャーL Ttasteが開発したソルトチップた。

ソルトチップ

画像:慶應義塾大学医学部

ソルトチップは、歯の裏にチップを貼り付けて減塩ができるという新しい減塩方法。食塩(0.1g以下)を含むソルトチップを舐めながら飲食すると適度な塩味を感じることができるので、薄味の料理でも満足感が高まる。

減塩を心がける場合、減塩タイプの商品を使うか、薬味や香辛料を使ったり、出汁や酸味をきかせるなどレシピを工夫するのが一般的だが、ソルトチップは「貼るだけ」というこれまでにはない新しいスタイルを提案する。

持病や健康のために減塩しなくてはいけないけれど食事の満足感が低く継続できない、と不満を抱える人たちばかりでなく、減塩を必要とする家族のために自宅で減塩メニューの食事を作る人にとってもありがたい。減塩の第3の方法として定着しそうだ。

【編集部おすすめ記事】
販売金額9億越え「健康寿命をのばそう!アワード」受賞者ユニーの減塩の取り組み
「減塩」テーマの通販サイト 累計4万本販売の食塩不使用商品 第2弾が登場
減塩市場に新たな健康調味料誕生 「ナト・カリ調味料」
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事