予防医学推進に。太ってないのに生活習慣病になる理由、研究結果

アジア人に多い「太ってなくても生活習慣病になる」人の原因が、この度の順天堂大学大学院医学研究科の研究結果で、世界で初めて明らかになった。生活習慣病関連の研究はこれまでは主に肥満者を対象にすることが多く、非肥満者に関しては十分な解明がされてこなかった。

関連記事
■旅行は認知症予防につながるか?東北大と共同研究
■厚生労働省のヘルスツーリズム型保健指導プログラムが開始
■「夏太り経験」女性が約半数、夏終わりのマーケティング戦略に

一緒に読まれている記事