差別化戦略の企業事例 女性に人気の商品・サービス13選

(最終更新:2019年4月)
新規開発をご検討中の読者の方、既存商品・サービスの販売方法をご検討されている方へ。差別化戦略が参考になる、女性に人気の商品・サービスをご紹介。

差別化戦略の企業事例

あらゆる商品・サービスがコモディティ化した国内市場においては、他社との差別化を考えるとき必要なのは、「斬新さ」よりも「他社が今まで気が付かなかった視点の訴求」で、かつ「女性の不満や、女性の深層心理を徹底してくみ取る」視点。以下にご紹介する事例は、いずれも実はとても「ふつう」のモノ・コトばかりだ。

【企業事例1】大手にはない、異なった規格の商品を取り扱う

【企業事例2】運動の目的を「体」以外にフォーカス

【企業事例3】あえて世の中のトレンドの逆へ

【企業事例4】パッケージリニューアルで使いやすさ提案

【企業事例5】明確なコンセプト

【企業事例6】機能や成分ではなく、ニーズから開発

【企業事例7】効果効能ではなく「ネタ」を提案

【企業事例8】業界の当たり前「高級でオシャレ」を覆す店舗づくり

【企業事例9】既存サービスに不満だらけの消費者の声を反映

【企業事例10】業界全体の不満を徹底払拭

【企業事例11】糖質制限食にひとひねりの工夫

【企業事例12】「女優」ではなく「姿勢の違い」をアピール

【企業事例13】ブームで終わらせない!新たな市場を開拓

差別化戦略の考え方

女性向けヘルスケア商品開発における差別化戦略の考え方は以下記事をチェック。

 

 

新着ニュース