ママの支え #インスタ医療団と、ぱぱしょーさん

今、子育て中のママを支え注目されているのが、男性小児科医の「ぱぱしょー」さん。アメブロインスタグラム自身のサイトを通して、子育て中のママたちに向けて子育てに関する正しい医療情報を発信している。そんなぱぱしょーさんの活動に影響され、他の小児科医も活動を開始。「#インスタ医療団」というハッシュタグまで登場した。

先日はブログでインスタを始めたといいました。私が開始したのち、他の医療者の方にも話題となり、インスタ医療団のハッシュタグ #インスタ医療団ができて、もりあがりを見せています。(略)どうしてインスタグラムで医療情報を発信しようと考えたかについてですが、下記の3つが主なものです。

① 小児科のママたちはインスタをしておりツイッターではアプローチが十分でない。
② いまの子どもたちが大人になったときSNSは主たる情報源となっている可能性がある。
③ インスタグラムは情報が偏っているところがある。

予防接種は病気から子どもを守るためにとても大切ですが、インスタで#ワクチンを調べるとワクチン危険、ワクチン反対といった言葉が並びます。もちろん患者さんの立場では副反応は怖いものですが、どうやらインスタの情報はそちらに偏っているという印象をうけました。医療者が情報発信することで、悩んでいる人、迷っている人への道標になればと考えました。引用:パパ小児科医のブログ「インスタ医療団」

ぱぱしょーさんのインスタ投稿には、平均1,000~2,000の「いいね」がつく。短文構成と図解が特徴(※)。忙しい子育てママにとってはわかりやすく、ありがたい。ぱぱしょーさんの活動はwebメディアのハフィントンポストや、朝日新聞でも取り上げられている。(※)以下、画像内にある矢印をクリックすると、複数の画像閲覧可

 

【編集部おすすめ記事】
「高濃度乳房」の通知義務化へ、米FDA
福島原発事故後に乳児の複雑心奇形が増加 
妊娠中の魚油摂取が子どもの血圧に好影響か
女性の入院・外来理由、傷病分類別ランキング
お薬手帳アプリ、今後の動向と3つの課題

新着ニュース