「かわいいパジャマ欲しい」がん生活サポートサービス拡充 ライフネット生命

ライフネット生命保険 (東京・千代田)は、がん罹患時に働きながらがん治療することを応援する「がん生活サポートサービス」に、新たに2つのサービスを6月21日より拡充した。

がん生活サポートサービス」は、給付金の支払いのみに留まらず、がん罹患後の日常生活の支援を目的とした新しいコンセプトのサービス。がん経験者の声に基づいて選定した、「家事代行」「食材宅配」「外見ケア」「サポートタクシー」「セカンドオピニオン」などの便利なサービスを紹介することで、がんに罹患した契約者へのサポート体制を構築している。

出典:ライフネット生命保険

この「がん生活サポートサービス」の新しいラインアップとして、医療法人鉄蕉会亀田総合病院が提供する「オンラインがん・生殖医療カウンセリング(※1)」と、千趣会が提供する「ルームウェア・パジャマ(※2)」「乳がん経験者向け商品(※2)」のサービスを加える。6月21日現在の「がん生活サポートサービス」紹介サービスは以下。

  • 家事代行(ベアーズ)
  • 家事代行(ダスキン)
  • 食材宅配(オイシックスドット大地)
  • 外見ケア(資生堂ライフクオリティービューティセンター)
  • 医療用ウィッグ(アデランス)
  • サポートタクシー(日本交通)
  • タクシー配車アプリ(JapanTaxi)
  • セカンドオピニオン(医療法人鉄蕉会亀田総合病院)
  • がん・生殖医療カウンセリング(医療法人鉄蕉会亀田総合病院)
  • 衣類・下着(千趣会)

(※1)オンラインがん・生殖医療カウンセリング
がん治療は、その内容によって妊孕性(にんようせい=妊娠する力)を低下・消失させ、将来子どもを持つ事が困難になる場合があります。がん治療の前に卵子・胚・卵巣組織を凍結保存し、がん治療後に融解し妊娠を試みる事を「がん・生殖医療」という。同サービスでは乳がん患者を対象に、がん治療を優先することを大原則としながら「がん・生殖医療」に関する情報提供、治療に関する相談を、スマホやPC   などを活用してオンラインで行う。

(※2)ルームウェア・パジャマ、乳がん経験者向け商品
入院や自宅療養を控えた人から、「かわいいものがほしいが、どこで買っていいかわからない」という声が上がることの多いルームウェアやパジャマ類に加え、乳がん経験者の声を集めて開発した商品(ブラジャー、バッグ)なを紹介する。

【編集部おすすめ記事】
がん検診受診状況 男女ともに上昇傾向 検診受診率が特に高いのは?
美談ばかりではない乳がんのリアル 男の浮気・離婚・治療費・太る
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

 

女性生活者の調査レポート