変わるシニアの連絡手段

60代、70代の連絡手段はどのように変化しているのか?NTTドコモ モバイル社会研究所による調査結果(調査対象:関東1都6県の60~79歳男女 510名)

60代はスマホ・携帯電話、70代は固定電話

60代の連絡手段は「ケータイ・スマホ通話」や「メール」の割合が高く、70代は「固定電話」の割合が高い。

60代 LINEが伸び、携帯電話通話が減少

60代の別居家族との連絡手段を例に推移を見ると、「ケータイ通話」が大きく減少し、「LINE」が増加している。固定電話に増減は見られなかった。

70代 固定電話主流 メールが伸び、携帯電話通話が減少

70代も、60代と同様「ケータイ通話」が減少し、「メール」が増加した。「LINE」もわずかに伸びているが、まだ1割弱。70代は固定電話が7割を占め、高水準で推移している。


【編集部おすすめ記事】

ICT健康サービス 利用意向あるのに使わないシニア その理由とは?
シニアのネットショッピング促進に必要な要素とは?
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート