アイス市場過去最高 特に森永アイスが人気の理由

冬でも自分へのご褒美としてアイスクリームを食べる習慣が広がり、アイスクリームは子供だけのものから大人も楽しめる商品となった。一般社団法人日本アイスクリーム協会によると、アイスクリーム販売額は年々上がっており、2006年の3558億円から2015年は4,647億円と成長を続けている(参照:一般社団法人日本アイスクリーム協会「アイスクリーム類及び氷菓販売金額の推移」)

アイスクリームの中でも特に伸びが目立っているのは、森永乳業の「PARM(パルム)」。同商品が急成長した理由はいったい何なのか?経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之氏のプレジデントオンラインへの寄稿記事によると、「新しいターゲットを意識したこと」「地道な営業活動」「消費者とのコミュニケーション」など様々な工夫があるという。⇒詳細「なぜ『森永パルム』好きが増えたのか?」(PRESIDENT Online)

【編集部おすすめ記事】
2017年後半 スーパーフードのトレンド予測発表
家庭の食卓トレンド調査「重視することは?」
2017年「食・美」トレンドはヘルスケア業界にどう影響する?
【男女の違いを理解しようvol.5】男女で異なる栄養リテラシー
ヤッホーにコアなファンが多い理由が分かる、2つの取り組み
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事