日本の男女格差、世界110位 「ジェンダー・ギャップ指数2018」発表

世界経済フォーラムは今月18日、世界各国の男女平等の度合いを指数化し順位づけする「ジェンダー・ギャップ指数 2018年版」を発表した。日本は110位で主要7カ国(G7)内では最下位だった。

ジェンダー・ギャップ指数は、経済、教育、保健、政治の4分野14項目における格差の状況を指数化し国別に順位をつけたもの。100%を完全な平等とすると世界の格差は平均で68.0%で、日本はそれを下回り66.2%。上位を占めたのは北欧で、トップ10と主要国の順位は以下。

  • 1位:アイスランド
  • 2位:ノルウェー
  • 3位:スェーデン
  • 4位:フィンランド
  • 5位:ニカラグア
  • 6位:ルワンダ
  • 7位:ニュージーランド
  • 8位:フィリピン
  • 9位:アイルランド
  • 10位:ナミビア
  • 12位:フランス
  • 14位:ドイツ
  • 15位:イギリス
  • 16位:カナダ
  • 51位:アメリカ
  • 70位:イタリア

日本は政治・経済分野での男女格差も大きく、女性の意思決定への参加を測る政治分野では125位、経済分野では117位。保健分野は41位、教育分野は65 位。

報告書では、改善の速度が現状のままだと男女平等が実現するまでには108年を要すると述べている。最も大きな課題とされているのが経済面と政治面の解消で、各々202年、107年の時間が必要とされている。全ランキングは報告書内に掲載。⇒【詳細】The Global Gender Gap Report 2018(World Economic Forum)

 

【編集部おすすめ記事】
日本の男女不平等をアートで表現 LUX
【男女の違いvol.16】介護が理由の離職者数、男女間で大きな差
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事