国際女性デーとは?制定までの歴史と日本における取り組みの事例

毎年3月になると「国際女性デー」という文字を街でよく見かけるようになる。アメリカで女性参政権を求める運動から始まったこの日は、今や世界中に広がり、女性の権利を語る日として盛大に祝われるようになった。日本でも近年各界から大きな注目を集め、毎年さまざまなイベントが開催されている。国際女性デーとはどのようなものなのか?歴史的な背景とともに解説。

国際女性デーとはどんな日?

国際女性デー(International Women’s Day)とは

国際女性デーとは、国際連合(国連:UN)によって制定された記念日のこと。「国際女性の日」ともいい、毎年3月8日が国際女性デーとして制定されている。女性の政治的・社会的自由や平等を呼びかけ、 女性の権利について語られる日として世界的にも有名であり、世界各国でさまざまな記念行事が開催される。

例えば、イタリアでは3月8日は「FESTA DELLA DONNA(女性の日)」として男性から女性へ日頃の感謝を込めてミモザの花を贈る日になっている。「ミモザの日」とも呼ばれるこの日には、街中に黄色くてかわいらしい花があふれ、何とも美しい光景だ。ロシアでも3月8日は女性の日として周知されており、女性に花やチョコレートなどのプレゼントが贈られる。

 

View this post on Instagram

 

“Le donne e i gatti fanno quello che vogliono e gli uomini e i cani dovrebbero rilassarsi e abituarsi all’idea” la pensava così Robert Anson Heinlein e non aveva poi tutti i torti. Voglio approfittare di questa triste ricorrenza per fare gli auguri a voi donne, a quelle vere. Auguri alle madri, alle nonne, alle figlie, auguri alle giovani e alle più anziane. Auguri a voi che sapete essere forti come un uragano e sensibili come un bambino. Belle, intelligenti, con una forza sovraumana. A voi si deve tanto, a voi si deve tutto. Auguri a tutte le DONNE con la D maiuscola!🌼💛 _______________________________________________________ #8Marzo #festadelladonna #onthetable #onthebed #tv_living #sicily #italia #merendaitaliana #buongiornoitalia #ig_italia #still_life_gallery #communityfirst #folkmagazine #yellow #huntgram #cake #coffee #foodvsco #click_vision #vscocoffe #f52grams #beautifulcusines #foodphotography #cookmagazine #whatitalyis #March #flowers #mimosa #italiaintavola #streetdreamsmag

Andrea Bassiniさん(@andreeabassini)がシェアした投稿 –

国際女性デーの歴史

国際女性デーができたきっかけは1904年3月8日にさかのぼる。この日、アメリカ・ニューヨークで、婦人参政権を求める女性労働者たちによる大規模なデモやストライキが行われた。当時は男性にしか認められていなかった参政権を女性の権利としても認めさせ、差別を撤廃して男女平等を実現しようとしたもので、これが国際女性デーの起源とされている。

その後1910年に、デンマーク・コペンハーゲンで第2回国際社会主義女性会議が開催されると、1904年のデモを受けて、ドイツの女性解放運動家であるクララ・ツェトキンらが、「国際女性デー」を提唱し、多くの賛同を得た。これ以降、ヨーロッパでも3月8日を女性の日にしようという動きが急速に広まっていく。

アメリカで起きたデモは、ロシアにも大きな影響を与えた。第一次世界大戦中の1917年には、帝政ロシアに対する国民の不満が高まるなか、首都ペトログラード(現サンクトペテルブルク)で女性による大きなデモが発生する。これが徐々に男性や軍隊をも巻き込んだ大規模なデモやストライキへと発展し、ついにニコライ2世は皇帝退位に追い込まれた。これを二月革命といい、その後の十月革命を経て、ロシア帝国は崩壊し、ソビエト社会主義共和国連邦が誕生することになったのだ。

1921年になると、こうした世界各国での女性運動の経緯を受けて、3月8日を「国際女性デー」として統一することが正式に決定された。1944年にはイタリアで「イタリア女性組合(Unione Donne Italiane)」が結成され、組合のシンボルとして3月に美しく咲くミモザが選ばれた。そこから、ミモザが「FESTA DELLA DONNA(女性の日)」に贈られるようになったといわれている。

そして1975年、ついに国際連合が、3月8日を「国際女性デー(International Women’s Day)」に制定した。つまり1975年が、女性の地位向上を目指して国際連合が設けた「国際婦人年」の初年度である。ここから、3月8日が女性の自由と権利を謳う日として、世界中に広まっていった。

「国際女性デー」は時代時代に合わせてさまざまな変革を遂げながら、女性の生き方や働き方について考える日として広く認知されるようになり、今では世界各国における女性の地位向上や活躍推進へとつながる活動になっている。

日本における国際女性デーの歴史と近年の様子

日本の国際女性デーの歴史

日本では、1923年3月8日に日本で初めて国際女性デーを記念した演説会が行われた。しかしこの演説会は途中で中断させられ、以後は断続的に非合法な形で行事を開催していたという。戦後の1947年以降は毎年行事が行われるようになり、現在まで続いている。

日本国内における近年の国際女性デーの様子

近年では、一般の女性団体やグループによる記念事業やイベントも多く開催されている。なかでも、2017年から開催されている「国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA」が代表的。国際女性デーの普及などに努める「一般社団法人ウーマンイノベーション」が事務局となっているイベントで、2018年には東京都、宮城県、愛知県、大阪府の4カ所で開催された。今後2025年までに全都道府県での開催を目標としている。

 

View this post on Instagram

 

あべのハルカス『国際女性デー| HAPPY WOMAN FESTA 2019」 . あべのハルカスでの最初のイベントは、おなじみの小林 照子先生「幸せを手に入れるハッピーメイクレッスン」とRuriko Tsushima先生「女性ホルモンでHAPPYに!」でそれぞれ満員御礼となりました。 お客さまたちの真剣な眼差しがとても印象的でした! まだまだHAPPY WOMAN FESTA 2019は続きます♪ . . みなさん、是非遊びに来てください。 https://happywoman.online/event/hwf/hwf2019/osaka/abeno/ . . #HAPPYWOMAN #HAPPYWOMANPROJECT #fwf2019 #hwfosaka #HAPPYWOMANFESTA #internationalwomansday #happyyellow #hwf #国際女性デー #ハッピーウーマンフェスタ2019 #ハッピーウーマンフェスタ大阪2019

HAPPY WOMANさん(@happywoman0308)がシェアした投稿 –

日本国内における国際女性デーの取り組み事例

日本国内でも全国に会場が設けられ、さまざまなテーマのイベントやワークショップ、セミナー、トークショー が開催され、多くの参加者を集めている。たとえば、2018年には東京で次のような内容のイベントが開催された。

2018年「国際女性デー「HAPPY WOMAN FESTA 2018」

  • 主催:HAPPY WOMAN実行委員会
  • 後援:国連広報センター、ジェトロほか
  • 開催日時:3月8日(木)
  • 会場:渋谷ヒカリエ
  • パネリスト:根本かおる氏(国連広報センター所長)、小巻亜矢氏(サンリオピューロランド館長)、 Dream Aya氏(元E-girls)、佐藤百合(ジェトロ理事)
  • 講演テーマ:国際女性デーに踏み出す新たな一歩
  • 参加費用:無料

2018年「HAPPY WOMAN CEREMONY」

  • 開催日時:3月4日(日)
  • 会場:恵比寿ガーデンプレイス センター広場
  • 参加費用:無料
  • ゲスト:倉木麻衣氏/JiLL-Decoy DUO

2019年「#for your smile 自分らしく生きるために 働く女性のエンパワーメント」

  • 主催:OTEKOMACHI(大手小町)
  • 開催日時:2月23日(土)
  • 会場:大手町ファーストスクエアカンファレンス
  • プレゼンテーション、基調講演、パネルディスカッション

2019年「HAPPY WOMAN FESTA OSAKA 2019」

  • 主催:あべのハルカス近鉄本店/HAPPY WOMAN 実行委員会
  • 開催日時:2月13日(水)〜3月19日(火)
  • 会場:あべのハルカス近鉄本店
  • プログラム:対馬ルリ子氏(産婦人科医師・医学博士)、小林 照子氏(美容研究家)、RIKACO(タレント)、デヴィ夫人(インドネシア元大統領夫人)らによるトーク

国際女性デーは、女性がライフデザインを再考するきっかけ

日本でも広く知られるようになった「国際女性デー」。3月8日前後に行われるさまざまなイベントは、女性が自分のライフデザインや幸せを再考し、新たな行動の一歩を踏み出すきっかけとなっている。国際女性デーは「ミモザの日」とも呼ばれていることから、国内でも、この日に男性から女性へミモザを贈ることを提案する花屋が出てきている。これから広がりを見せそう。

【編集部おすすめ記事】
日本の男女格差、世界110位 「ジェンダー・ギャップ指数2018」発表
男女格差 根強い日本…女性はどんな風に生きて行けば良いのか?朝日新聞の特集
日本の男女不平等をアートで表現 LUX
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

新着ニュース