待ちわびたSRHR元年、セクシャルヘルスの潮流を女性のヘルスケアマーケへ(1/3)

人気漫画「生理ちゃん」の映画化、性教育本のベストセラーランクイン、緊急避妊薬のアクセシビリティ改善を求める抗議。世界まで見渡せば、#me too運動にフェムテックブーム。こういったヘルスケアトレンドの流れに、「女性性に関する話が最近は随分とオープンになったな〜」と感じる人は多いだろう。

これらはいずれも、いわゆる“SRHR”が包含するトピックであり、女性のセクシャルヘルスを語る上で欠かせない。1994年の国際人口開発会議で提唱されてから25年、ようやく日本にもSRHRの波がやってきた。この潮流は日本女性のヘルスケア意識・行動・消費・生き方、あらゆる場面で変化を起こすだろう。SRHRの広がりを生活者レベルで見つめると、ヘルスケア企業が取り組むべきことが見えてくる。

SRHRとは?

1994年、国際的な新概念として誕生

SRHRとは、Sexual and Reproductive Health/Rights(セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ)の頭字語で、意味は「性と生殖に関する健康と権利」。1994年にエジプト・カイロで開催された国際人口開発会議(ICPD/カイロ会議)で提唱された概念で、以後、世界で広く認識されるようになった。

「性と生殖に関する健康と権利」のうち“健康”は、性や子どもを産むことに関わるすべてにおいて身体的にも精神的にも社会的にも良好な状態であることを指し、“権利”は、自分の意思が尊重され、自分の身体に関することを自分自身で決められる権利のことを指す。

要は、誰もが性・生殖に関して自由に選択できる権利を持ち、誰もが健康的な性的活動・生殖活動ができる社会を実現するための概念で、貧困、医療格差、男性中心主義・男性優越主義による女性差別や性暴力、性感染症、異性愛規範をベースにした性的マイノリティーへの差別など、性・生殖に関する様々な問題を解決するために掲げられた。

この概念は女性のみを対象にしているわけではないが、性・生殖において特に不利益を被りやすい女性・若者・子どもが主な対象とされている。

SRHRが浸透すると世界はどうなる?

先進国である日本に住んでいると、特に男性は「性・生殖に関する選択の自由や健康…?」と、いまいちピンとこないかもしれないが、世界レベルでは児童婚、女性器切除、HIV流行、妊産婦死亡、死産・新生児死亡の問題を抱える国・地域があり、国内では性暴力、セクハラ、マタハラ、性感染症、望まない妊娠による10〜20代の人工妊娠中絶、幼児虐待、未婚女性や子を産まない選択をする女性に対する偏見、遅れている性教育といった問題がある。

だが、これらの問題が解決された社会=性・生殖に関する選択の自由や権利が浸透した社会が実現すれば、それはUHCの達成につながり(※1)、そしてSDGsの達成へとつながる(※2)。世界的にSRHRに関する取り組みが積極的に進められているのは、その先にあるUHCとSDGsの達成に大きく寄与するからだ。(※1)UHCとSDGsの関係については、厚労省のHPで詳細を確認できる。(※2)SHRHとUHCとSDGsの関係については、IPPF(国際家族計画連盟)がまとめたレポートで確認できる。

少々ややこしいので、SRHR、UHC、SDGsの関係性を図でまとめよう。次のようなイメージだ(画像はクリックで拡大可)。

女性生活者の調査レポート