梅毒患者急増、女性は6倍 啓発動画公開 東京都

東京都は、都内の梅毒患者が2015年以降に急増していることを背景に、梅毒予防の啓発動画を作成・公開した。梅毒患者報告数は男女ともに若い世代に多く、男性は20〜40歳代が多く女性は半数以上が20歳代。患者報告数は男性に多いが、近年は女性の患者報告数が急増している。

  • 男性は3年で3倍:420人(2014年)→1,229人(2017年)
  • 女性は3年で6倍:87人(2014年)→559人(2017年)

梅毒は症状が軽い、または全く無い場合もあり、気付かない間に病気が進行することがある。正しい知識を持ち適切な予防・治療を行うよう呼びかける。最新の梅毒患者報告数は、東京都感染症情報センターHP「梅毒の進行状況」から確認できる。

 

【編集部おすすめ記事】
お薬手帳アプリを利用するメリット 人気のアプリと今後の動向は?
子宮頸部前がん病変の検出能、AIが医師を上回る
乳がん女性のホットフラッシュに抗コリン薬が有効か

新着ニュース