高まるキッズの美意識 ママが影響

子どもに脱毛をすすめる母親が増えている。以前と比べサービス価格が安くなり手軽に利用できるようになったことも背景にあるが、脱毛が広く普及した世代の女性たちが母親になったことも大きい。「子どもには悩んでほしくない」「私も子どもの頃悩んだから…」とサービスを受けさせている。TBCが運営する「エピレ」はキッズ脱毛を提供しており、利用者は増加傾向にあるという。

子どもの美意識を高めるのは母親の行動だけではない。子ども本人の美意識も高まっている。ティックトックやユーチューブを使って、情報発信をする小中学生も多数登場する今の時代、「自分の魅せ方」を幼いうちから追求するのは特別なことではなくなっている。コスメ売り場で真剣にプチプラコスメを選ぶ小中学生も、以前と比べてよく見かけるようになった。美容に積極的な投資をしてきた女性たちが母親世代になったことや、デジタルの進展などを背景に、これからキッズの美意識は高まりそう。以下動画は、今大人気のティックトッカー「ひなたちゃん(12歳)」。

 

【編集部おすすめ記事】
本格的な脱毛を手軽に 「サロンよりも自宅派」人気の理由は? 
【取材】設立15年で女性会員数347万人突破!ミュゼの女性マーケティング戦略とは?
エステティック業界のベストアイテム2018 受賞製品一覧
美容大国韓国、日本女性と異なる脱毛事情
身近な企業による啓発で女性に気づきを ミュゼプラチナムの取り組み