平成29年度 生活習慣関連10疾患別の受診率

健康保険組合連合会(けんぽれん)は「平成29年度 生活習慣関連10疾患の動向に関する調査」の報告書を6月に公開した。同調査では約3.8億件の「医科」「調剤」の電算処理レセプトをもとに、平成29年度の生活習慣関連10疾患の動向をまとめている。疾病別受診率、年齢階層別医療費、年齢階層別の有病者数などを掲載。⇒【詳細】平成29年度 生活習慣関連10疾患の動向に関する調査(健康保険組合連合会)

 

【編集部おすすめ記事】
社会問題化する”多剤服用” 薬の見直しによる高齢患者の改善事例8つ
セルフメディケーション税制とは?導入に伴う消費者の意識変化
アニマルセラピーの健康効果とは?医療・介護・福祉分野で広がる活用
【年齢別】乳癌罹患率|国内の状況・検診受診の流れ・企業団体の取組
女性の平均体脂肪率・体重・BMIを年齢別にチェック 肥満の定義とは?
地域医療の問題点と今後期待されること 

新着ニュース