トレンドは “テクスチャー重視”

ソフトブレーン・フィールド(東京・港)が行った「ボディーソープに関する調査報告」調査によると、ボディソープ購入の際に重視するポイントは「肌へのやさしさ(38.3%)」「泡立ち・泡質(37.9%)」「洗い上がり(しっとり・さっぱり)(35.3%)」だった(調査対象:男女40代~50代中心の4026人)。ボディーソープのトレンドは「テクスチャー重視」のようだ。

特に「泡タイプ」でやさしく体を洗浄するボディーソープが最近は人気を集めている。肌を傷つけないよう、皮脂のとりすぎで肌を乾燥させないよう、手洗い派女性が増えているためだ。生活者が作る欲しいものランキングサイト「G-anking」に投稿された「おすすめのボディーソープ教えて!」では、以下商品がランクイン。

  • 1位: コラージュフルフル 泡石鹸(持田ヘルスケア)
  • 2位:ミュオ 泡のボディソープ(ミュオ)
  • 3位:カウブランド 無添加 泡のボディソープ(牛乳石鹸共進社
  • 4位:ナイーブ 泡で出てくるボディソープ(クラシエホームプロダクツ)
  • 5位: 無添加泡の石けんボディソープ(マックス)

購買の際に消費者が比較検討をじっくり行う高関与商材「化粧品」と異なり、消費者が深く吟味しない低関与商材「ボディソープ」は、価格による乗り換えが起きやすい。実際、前述の「ボディーソープに関する調査報告」で「ボディソープ購入の際に重視するポイント」第1位は「価格」となっている。トレンドを押さえ、さらには他社との差別化を明確にした商品開発・販促が求められる。

 

【編集部おすすめ記事】
最も売れた美容・健康商品は?楽天上半期ランキング2019
ドラッグストア日用品のリピート率ランキング
美容センサス2019年上期発表(エステ、脱毛、ネイル、リラク、美容室) 
国内と世界で異なる、美容医療ニーズ
“女子力の店” アインズ&トルペが人気 
ダイエットトレンドに変化  女性のニーズはどう変わった?

新着ニュース