働く女性がダイエットに取り組む動機は?

「どんなダイエットが理想?」というアンケート調査から、働く女性がダイエットをする際に重点を置いていることが「健康」であることがわかった(日経ウーマン8月号調べ 466人の働く女性対象 平均年齢38.9歳)

  •  1位:健康的に痩せる(26.3%)
  • 2位:食べて痩せる(23.6%)
  • 3位:お金をかけずに痩せる(18.9%)
  • 4位:楽しく運動して痩せる(14.7%)
  • 5位:運動しないで痩せる(7.3%)

「短期決戦型で一気に減量」「楽な方法で簡単にやせる」というダイエット法では、精神的ストレスも大きく体にも負担がかかる。過激な方法で月経が止まったり、コレステロール値が高くなったり、摂食障害による過食など、心身が不健康な状態では仕事にも影響するため、働く女性が「健康的にやせたい」と思うのは自然なことだ。

今回の調査対象は平均年齢が38.9歳となっており、心身の不調を20代の頃よりも感じやすくなっている年代であることも、この結果に関係していると考えられる。

続いて同調査の2番目の質問「ダイエットが成功した理由は?」では「健康になりたいから」という動機が1位となった。働く女性向けにダイエットを提案するなら、「短期決戦型」や「見た目を美しく!」といった内容より「健康になるためにダイエットをしよう!」を軸に提案する方が響きやすそうだ。

関連記事
■2016年のダイエットマーケティング。女性が振り向くキーワード
■2016ダイエット&ヘルス人気商品ランキングTOP5 機能性表示食品編
■1078本の方法が掲載!女性のダイエットトレンドが分かる書籍発売

一緒に読まれている記事