家族の誤嚥予防に、飲み込む力をトレーニング(リハートテック)

高齢者の誤嚥予防を目的にしたリハビリグッズ「タン練くん株式会社リハートテック」は、お茶などの飲料をボトルに入れてコップがわりに使うドリンクボトル。嚥下機能が低下すると誤嚥性肺炎を招く可能性があることから、嚥下トレーニングは高齢者や被介護者に必須だ。タン練くんを使えば、日常生活の”飲む”という行動の中で自然とトレーニングできるので、面倒臭がり屋でも続けられる。

だが購入者レビューには「哺乳瓶の形に抵抗を感じる」というネガティブな声も。「ドリンクを飲みながら嚥下トレーニング」という発想に興味を持つ人は多いだろうが、一方で、ボトルの形状を見て「使いたくない」と拒絶する高齢者・被介護者もいれば、「使わせるのに抵抗がある」という家族・介護者もいるだろう。

高齢者の中には、若年世代から赤ちゃんや子どものような扱いをされることを嫌がる人も多くいる。例えば、いろんな人と時間を共にする施設や家族がそばにいる自宅で、はたして、この哺乳瓶のようなボトルをくわえる高齢者はどれだけいるのか?ーいささか疑問であるが、商品を通じて自然な健康行動に繋げている点は画期的。ネーミングも覚えやすく印象に残る。ボトルの形状さえ改良されれば、人気が出そう。「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」ビジネスコンテスト部門優秀賞

 

【編集部おすすめ記事】
長生きはリスク 「100歳まで長生きしたくない」女性6割越え
母親の長生きが娘の長生きに影響 米研究
長生きリスクの備えに 男性よりも女性が多く持っているモノとは?
2025年の高齢者市場は101兆円、それでも乗り込まない企業の理由
これから減る・増える、女性のライフコースは?

PAGE TOP
×