似たり寄ったりの美容webメディア乱立の中、コンセプト特化型メディア登場

以前からすでに乱立状態にあるにも関わらず、次から次へと似たり寄ったりの美容webメディアが登場する。女性誌はそれぞれが明確なコンセプトを持つため、読者は「私の場合はどの雑誌が参考になるか?」がある程度分かるが、美容webメディアに関してはコンセプトの違いはさほどなく(あるのかもしれないが、ユーザーからすると特段違いは感じられない)、どれも同じに見えてしまう。

<合わせて読みたい記事>
女性向けホームページ制作・デザインの戦略ヒント11~女性マーケティング視点で考察~

そんな中、パーソナルカラーに特化した美容情報サイト「COLOR ME(カラーミー)」という、コンセプト特化型の美容webメディアが先月末に登場した。一人一人の髪色・肌色・瞳の色などをもとに、自分に最も似合う色のメイクやファッションを提案してくれる。同社によると同サイトは2017年12月にベータ版をリリース後、公開1ヶ月で累計500,000PV、会員登録数5,000名を突破したという。

昨年女性の間で話題になり、@コスメのベストアワード2017でベストアイシャドウ第1位を獲得した、アディクション ザ アイシャドウ(コーセー)は99種類という豊富なカラーが人気の理由だ。99種から選ぶ楽しさだけではなく、自分の顔に似合う色が必ず見つかる点も評価されている。パーソナルカラーへの関心が高まっている。

【編集部おすすめ記事】
平日・休日の年代別スマホのネット利用時間
買い物体験の向上で消費促す アットコスメアプリ
WHO「ネトゲ依存」を疾病指定に 議論巻き起こす
AIが将来の疾病リスクスコア推移を予測 将来の健康状態を「見える化」
生理中女性向けに 150万DLの人気アプリとロリエのコラボ
ハイテク化粧品登場 肌状態に合わせて美容液提供するIoTスキンケアシステム

一緒に読まれている記事