ハイテク化粧品登場 肌状態に合わせて美容液提供するIoTスキンケアシステム

資生堂は、デジタルテクノロジーによるスキンケアのパーソナライゼーションを実現するスキンケアシステム「Optune(オプチューン)」を開発した。

画像:資生堂

<合わせて読みたい記事>
VRゲームで「肌タイプ見極め」体験 増えるデジタル×コスメ

「Optune」はスマホアプリと連動し、その日の肌状態や気象条件や気分などに合わせて一人ひとりの肌に最適な美容液と乳液を独自のアルゴリズムで配合し、自動で提供してくれるIoTスキンケアシステム。1,000パターン以上の組合せから選び出された美容液と乳液の2ステップケアで、その時どきの状態に適したケアを提供する。販売は来年春の予定。

【編集部おすすめ記事】
ヘアブラシもIoT ロレアルパリの「髪質スコア化」
ロクシタンの体感型デジタルシアター 世界観訴求で女性の購買意欲促す
デジタル化で課題解決 パナソニック開発「メイクアップデザインツール」
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

女性生活者の調査レポート