【動画】何となく口に出しづらい女性の「薄毛」 こんな言葉で提案

女性の薄毛治療を行う東京ビューティークリニックは、お笑い芸人の大久保佳代子さんを起用した新CMを2018年7月から首都圏で放映開始した。CMでは、髪型のセットがうまくいかない女性に「それはヘアロス(女性の薄毛)のせいかも」と大久保さんが伝える。

薄毛というと男性のイメージが強いせいもあってか、女性が「私、薄毛かも…」と言葉にするのは何となく抵抗を感じる。しかし、「ヘアロス」なら心理的抵抗も小さい。

これまで「ヘアロス」という言葉はごく一部の人たちの間で使われていただけだが、今回のCMを機に広がりを見せそうだ。実際にGoogle検索数はCMが放映された7月から急増している。同クリニックでは女性の薄毛や抜毛を「ヘアロス」と呼び、ヘアロスへの正しい対処方法が社会に普及することを目指している。

【編集部おすすめ記事】
ヘアケアの新常識「ノンカチオン」
便利・手軽だけど難点あり 中高年女性向けヘアファンデーション
世代別ヘアトレンドの変化から見えてくる、現代女性の「ナチュラルニーズ」
派手髪女子のお気に入りアイテム「カラーバター」
今売れているヘルスケア商品とは?上半期ランキング発表 楽天