スポーツ人口の推移(2019年)

国内における成人のスポーツ人口はこの30年で右肩上がりに増えているが、スポーツをする人が増えているのは成人に限ったことではなく、子供たちにも同様のことが言えるようだ。成人のスポーツ人口の推移と、スポーツ月謝(水泳、柔道、卓球などのスポーツに関する指導を受けるために月ごとに支払う費用)への年間支出金額の推移からその傾向が伺える。

成人のスポーツ人口は30年で増加(2019年発表)

成人のスポーツ人口(スポーツ実施率)の推移は以下。この30年でスポーツ人口は徐々に増えており、特に平成28年度より急激に伸びているスポーツ庁「スポーツの実施状況等に関する世論調査」

成人のスポーツ実施率の推移

年代別スポーツ実施率

  • 週1日以上運動・スポーツをする成人の割合は55.1%(29年度は51.5%)
  • 20~70代の男性・女性ともに、スポーツ実施率は前年度より増加
  • 特に60代男性は8.5ポイント増
  • 70代男女の実施率が、70%越えで最も高い
  • 50代を除くすべての年代において女性は、男性より実施率が低い
  • 週3日以上運動・スポーツをする成人の割合は27.8%(29年度は26.0%)
  • 「この1年間に運動・スポーツはしなかった」かつ「現在運動・スポーツはしておらず今後もするつもりがない」と答えた「無関心層」は14.8%(29年度は27.0%)

スポーツ実施状況の変化要因

スポーツ庁の「平成30年度 スポーツの実施状況等に関する世論調査」によると、「スポーツを行った理由」「スポーツ実施率が減った理由」は以下だった。

  • スポーツを行った理由第1位は「健康のため」(77.9%)
  • 第2位は「体力増進・維持のため」(58.3%)
  • 第3位は「運動不足を感じるから」(52.2%)
  • スポーツ実施頻度が減ったまたは増やせない理由第1位は「仕事や家事が忙しいから」(45.1%)
  • 第2位は「面倒くさいから」(28.4%)
  • 第3位は「年をとったから」(26.4%)
  • 第4位は「お金に余裕がないから」(17.2%)

子供のスポーツ人口も30年で増加

次に、スポーツ月謝の推移を見ると、前述の成人のスポーツ人口の推移と同様に年々増加していることがわかる。年齢別のスポーツ月謝金額を見てみると、30~40代が突出して高くなっているが、総務省レポートはこの世代が子育て世代であることが要因と分析している。

スポーツ月謝への年間支出金額を見てみると、40~49歳及び30~39歳の年齢階級で2万5千円以上となっており、他の年齢階級よりも2万円近く多くなっていることがわかります。これは、この年齢層がいわゆる子育て世代であり、子供にスポーツを習わせているためと見られます。引用:総務務省統計局 2016 「スポーツ月謝への支出」

親子のスポーツイベントに商機

大人のスポーツの習慣化や興味・関心の向上は、子供のスポーツ習慣の有無にも影響を与えているようだ。大人のスポーツやアクティビティ、シニアをターゲットにしたスポーツイベントは年々増えており注目度も高いが、子供のスポーツ人口も同様に増えていることを考えると、親子のスポーツイベントに商機がありそう。まだ子供が小さい場合、ママは子供を置いて出かけることに抵抗を感じやすい。子供を連れて行ったとしても、外出先で子供がおとなしくしているか気になり、ママ自身が興味を持ったイベントやサービスでも足は遠のいてしまう。しかし子供とママが一緒に楽しめるイベントであれば、子供を遊ばせることができる上に自分自身もスポーツに取り組むことができる。親子一緒に楽しめるスポーツイベントを企画してみてはどうだろう。

 

 

【編集部おすすめ記事】
「スポーツジムに通う派」「外で運動派」、次のブームは?
スポーツジム売上ランキングTOP30発表
【スポーツ庁】2025年までにスポーツ産業15兆円へ、一番の商機は?
「運動をする一番の理由は何?」スポーツ庁の調査結果
ありそうでなかった!スポーツ人口増加に寄与、期待のアプリ登場

新着ニュース