働く若者の価値観・ライフプラン・マネープランが分かる調査結果

日本FP協会は、全国の20歳~34歳の就業者を対象に「働く若者のくらしとお金に関する調査2017」を実施。集計結果を公開した。仕事やくらしに対する価値観、ライフプラン、マネープランについて理解できる。「幸せな生活を想像したとき、思い浮かぶイメージは、どちらか?」という質問では次のような、「さとり世代」ならではの特徴がみられた。

  • 「待遇の良い職場で働く」よりも「好きな仕事で働く」の方があてはまる
  • 「仕事が充実する」よりも「自由な時間・余暇が充実する」の方があてはまる
  • 「社会的に評価される」よりも「親しい人との交流が充実する」の方があてはまる

調査結果詳細はこちら⇒「働く若者のくらしとお金に関する調査2017」(日本FP協会)

【編集部おすすめ記事】
「今どき若者世代の価値観」をコミカルに描いた、サントリーの新TV-CM
「AE消費」求めるSNS世代の若者たち どんな戦略が心を掴む?
企業が変われば、シニアの購買力は高まり若者の節約志向は緩和されるかもしれない理由
安心して買い物するために信頼している情報源は何?20~80代で明確な違い

新着ニュース