男女格差 根強い日本…女性はどんな風に生きて行けば良いのか?朝日新聞の特集

女性活躍があちこちで叫ばれるが、それを負担に思う女性、生きやすい時代になったと喜ぶ女性、女性活躍の流れを全く感じない女性など、受け取り方は様々だ。女性活躍のキーワードが全国的な広がりを見せる一方で、まだまだ男社会と言える日本においては、男女格差は未だ根強いのが現状。

<合わせて読みたい記事>
男女格差「ジェンダー・ギャップ指数」日本は144カ国中、何位?

朝日新聞は国連が定めた3月8日の「国際女性デー」にあわせ、国際女性デー特集「Dear Girls」を展開。アナウンサー、女優、スポーツ選手、企業会長など、様々な立場で活躍する著名人が女性について語る記事が並ぶ。

今の時代、女性はどんな風に生きて行けば良いのか?心が軽くなる内容の記事から勇気づけられるものまで、考えさせられる記事が多数掲載。特におすすめの記事は、「朝日新聞デジタル 女が男を意識しすぎてるんじゃない?瀬戸内寂聴さん(2017/3/5)」。男女格差是正論や男女平等論では、何かと男性がやり玉に挙がるが、女性側にも意識改革が必要だと気付かされる。朝日新聞デジタル 特集・連載「Dear Girls」はこちら

【編集部おすすめ記事】
“卒婚” 新しい夫婦の形に中高年女性の関心高まる
100歳女性の生活意識が垣間見れる インタビュー記事
あふれる時短商品 女性消費者を振り向かせる見せ方戦略とは?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事