ストレスケアのきっかけに 血液型で見る高ストレス女性と低ストレス女性

血液型で自分や他人を分析したり占うのが好きな日本の女性たち。恋愛・人生・仕事・金運が血液型占いの定番項目だが、ストレスレベルだってわかってしまうようだ。日本人の心の状態を見える化し、脳科学者などの専門家や他社企業と共同でストレスを調査・研究しているメディプラス研究所(東京・渋谷)が行った調査研究で、血液型とストレスレベルの関係が見えてきた(対象:全国20~69歳の14万人の男女 各7万人)

同研究所が全国7万人の女性に行っている「ココロの体力測定」で、厚生労働省のストレスチェックの基準による高ストレス女性 (77点以上)を血液型に分類したところ、もっとも高ストレス者の含有率が高かっ たのはB型で、低ストレス者が最も多かったのはA型であることがわかった。血液型だけでストレスレベルを判断することはできないが、女性たちにストレスケアを考えさせるきっかけとして血液型を切り口にするのは良案かもしれない。それでは早速、ストレスレベルの血液型ランキングを見てみよう。

出典:メディプラス研究所

【編集部おすすめ記事】
年代で異なる働く女性のストレス要因
高ストレス女性と低ストレス女性を比較して見えた「行動の違い」
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事