90代女性に励まされる女性たち「92歳の現役料理家タミさん」

90代の女性に励まされる女性たちが増えている。男女平等といいながらも、仕事と育児・家事の両立を社会から求められ、その負担のほとんどが未だに女性に多くのしかかっている今の時代、疲れ切っている女性たちに癒しを与えるのは、現役で活躍する90代の輝く女性たちだ。90年生きてきた女性たちの言葉は愛情と優しさに溢れ、どんなときも「女性らしく、自分を見失うことなく、そして幸せを追求しながら」生き抜く術や心の在り方を教えてくれる。

92歳、現役料理家 タミさん

9月8日(土)~9日(日)に放映された「FNS27時間テレビ(フジテレビ)」の今年のテーマは「にほん人は何を食べてきたのか?」。番組に取り上げられた一人が92歳の現役料理家タミさんだ。昭和40年に漬けて大切にしている梅干しのことを「これがうちの指輪よ。みんなの宝石は人によっていろいろ違っていいんじゃない?」と説明する言葉からも分かる通り、タミさんの料理教室は「人生を学べるキッチン」として注目されている。

文藝春秋 から昨年7月に発売された「いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術」は、現在Amazon売れ筋ランキング「住まいと家族」「料理の基礎」「キッチン・食器」部門で第1位。


いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術

「今は仕事も家事もがんばることを求められる時代で、上手く両立できずに悩む人も多いですよね。タミ先生は早くにご主人を亡くされ、戦後の厳しい時代にシングルマザーとして双子のお子さんを育てられた。そんな大変な思いをされた方が、悩みを相談した方に『がんばらんでいいの』と声をかけられる。ホッとしますよね。そういう、辛いことがあっても思い出すと元気になれる、お守りになるような先生の言葉を集めた本にしたかったんです」(担当編集者の馬塲智子さん)

教室には、著者の話を楽しみに50年近く通い続けている人、はたまた親子2代、3代で教わっている人もいるそう。著者の人徳は、文章からも伝わってくる。(引用:Amazon)

自撮りのキミちゃん Instagramのフォロワー数は197,000人

72歳で写真を始めたキミちゃん(西本喜美子さん)はCGも使いこなし、自撮り写真を自虐的に仕上げる。その独特な作風や彼女の元気な生き方やチャレンジ精神が共感を呼び、若い世代から人気を集めている。「何歳になっても新しいことにチャレンジできるんだ!」と多くの人を勇気づけている。今年4月にウーマンズラボでキミちゃんを取り上げた際はフォロワー数は89,000人だったが、5カ月たった9月現在で197,000人まで増加している。

作家の佐藤愛子さん 辛口言葉に心スカッ!ベストセラー

世の中の「それ、おかしくない?」にズバッと切り込む、辛口言葉が特徴の作家、佐藤愛子さん94歳。Amazonの直木賞受賞作家売れ筋ランキングでは、佐藤愛子さんの著書「九十歳。何がめでたい」が第1位。「元気がもらえる」「たくさん笑える」「生き方を考えさせられる」「心温まる」などのコメントに溢れている。

合わせて読みたい記事

【編集部おすすめ記事】
【2018年発表】平均寿命、男女ともに過去最高 厚労省
サクセスフルエイジングと身体活動レベルの関連性 豪研究
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ