【総務省】世帯貯蓄は4年連続増加で過去最高に

総務省発表 2016年の世帯貯蓄

画像:総務省統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成28年(2016年)平均結果速報-(二人以上の世帯)」

総務省が16日に発表した2016年家計調査で、1世帯当たり(2人以上世帯)の平均貯蓄額は1,820万円で、世帯貯蓄は4年連続増加していることが分かった。前年比15万円,0.8%の増加となった。先行き不透明な将来不安から、節約・貯蓄(老後への備え)の傾向が強まったと考えられる。⇒調査結果「家計調査報告-平成28年平均結果速報-」(総務省統計局)

 

【編集部おすすめ記事】
2012年以降「日本全体の消費者の半分がシニア」という事実
エシカル消費志向が最も高いのは20~40代のうち、どの世代?
売って買う・買って売る消費者増加 企業の競合は「消費者」へ

女性生活者の調査レポート