朝食後の血糖値上昇を防ぐ、カギは “朝食時の高たんぱく牛乳” カナダ研究

カナダ・ゲルフ大学とトロント大学の研究で、朝食時にシリアルに牛乳をかけて摂取すると、水をかけた時に比べて食後血糖値の上昇が抑えられ、腹持ちもよくなることがわかった。高たんぱく牛乳だとその効果はさらに高くなるとのこと。糖尿病予防とダイエットに、ミルクダイエットが流行るか?⇒【詳細】朝食時に牛乳を消費すると、1日を通して血糖値が下がる!?(LINK de DIET)

 

【編集部おすすめ記事】
「既婚女性」のダイエットを決意させるのは誰?
読者1,000名による「ダイエット&ヘルス大賞2018発表!」ヘルスケア女性誌FYTTE
2018年のヘルスケアトレンド(健康・美容・予防医療)
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ