2019年度「エイジレス・ライフ実践事例」募集開始 内閣府

内閣府は今月6日、2019年度「エイジレス・ライフ実践事例」と「社会参加活動事例」の募集を開始した。年齢にとらわれず自らの責任と能力において自由で生き生きとした生活を送る「エイジレス・ライフ」を実践している高齢者や、地域で社会参加活動を積極的に行っている高齢者のグループなどの紹介を通じて、高齢期におけるライフスタイルのロールモデルを周知するのが目的。

平成30年度は、介護施設などに訪問して歌体操や脳トレ体操を行う大阪府の森輝代さん(74)や、児童館で茶道教室を開く青森県の柴田百代さん(78)、健康と料理をテーマにした地域のサロン活動を立ち上げた愛媛県の日浦朝子さん(74)などがエイジレス章を受章した。その他受章者のエイジレス・ライフ実践事例はこちら

 

【編集部おすすめ記事】
英BBC「100人の女性」、日本の90歳女性選出
90代女性に励まされる女性たち「92歳の現役料理家タミさん」
【話題の人】自撮りのキミちゃん90歳 インスタのフォロワーは89,000人
60〜90代女性の元気の法則 インタビュー記事
キャバレーでエクサ×昭和 70~90歳対象「暗闇シニアエクササイズ」

新着ニュース