ネット通販の購入で女性たちが気をつけていること(10〜70代以上)

一般的に、商品購入をジャッジする目は男性より女性の方が厳しいことが知られているが、ネット通販に限定すると、具体的にはどんな視点で女性たちは商品を確認し購入を決めているのか?消費者庁による「令和5年度 消費生活意識調査」の結果を性別・年代別に見ると、その答えが見えてくる。回答者は15〜70歳以上の男女5,000人。

女性の方が購入に慎重、口コミ重視は男性<女性

「ネット通販で商品を購入する際に気をつけていること」で当てはまるものを聞いたところ、全項目において女性の割合が男性を上回った。女性の方が男性より購入に慎重だ。特に男女間で開きが大きいのは「他の購入者のコメントを確認している」と「一回限りの購入か定期購入か確認している」で、いずれも男女間で15ポイントの差があった。

【画像】消費者庁「令和5年度 消費生活意識調査」よりウーマンズラボ作成

 

価格の重視は60代まで

続いて、女性を年代別に見てみよう。10〜60代の全年代で最多は「適正価格かを確認・比較している」。70代以上のみ、最多が「一回限りの購入か定期購入か確認している」で、2位は「購入に伴う手続きや商品の内容が不明瞭な場合は契約をしない」。近年は徐々に高齢層のネット利用率が高まっているものの、若年世代と比べると、まだまだビギナーが圧倒的。ネット通販に慎重にならざるを得ないことから、価格よりも、消費トラブルに合わないための確認を重視しているのかもしれない。

【画像】消費者庁「令和5年度 消費生活意識調査」よりウーマンズラボ作成

 

 

 

【編集部おすすめ記事】
女性は商品をどこで購入する? 生活者5,000人調査でわかった4大販売チャネル
2023年、女性たちに評価されたヘルスケア商品は? 178社・358商品がエントリー&60商品受賞
そのマーケ施策、本当に正解?女性の消費行動データとマーケ事例
若者の追随ではない “シニア女性独自” のトレンドも、2023・2024トレンド発表
【来場登録受付中!!】第2回 ジェンダード・イノベーションEXPO

PAGE TOP
×