医療用麻薬をがんの痛み治療に、シンポジウム開催 厚労省

厚生労働省は医療用麻薬の市民向けシンポジウム「がんの痛みは正しい知識で取る~医療用麻薬はどんな薬でどう使われるのか?~」日本緩和医療薬学会と共催で開催する。医療用麻薬と違法な薬物の違いや、医療用麻薬の必要性・安全性の理解を促進し、「がんの痛みは、医療用麻薬で取り除ける」という正しい知識を普及することが目的。日本は医療用麻薬への理解が進んでおらず、欧米諸国と比べるとその消費量は少ない。

 

【編集部おすすめ記事】
「代替医療でがんは治癒する」と4割が回答、米調査
カナダが嗜好用の大麻を解禁、その理由とは?
2018年米国で最も注目された医療系ニュース 合法化を背景に大麻使用者が増加
オーガニック食品はがん予防に有用か
【話題のキーワード】原発不明がん